2012年06月25日

コミットログは現在形?過去形?それとも?

という@takano32のtweetが気になった。

自分自身は英語の現在形で書いている。特に深い考えが有っての事ではない。以前何処かで「過去形は使わない方が良い」という話を読んでそれに倣っているだけだ。が、考えてみたら何やら妙だ。

文法的に変な気がしてきた……

どうにも気になるのでGoogle先生にお伺いを立ててみる。"コミットログ 過去形"で検索し、検索結果5頁分からそれっぽい物をばーっと開いてみる。

うーん、人に依りけり。同じように悩んでる人(ログ)も。

イマイチはっきりしないので、人力検索はてなにアンケートを立ててみた。はてなのアカウント持ってる人は是非回答を寄せて欲しい。

貴方のコミットログの書き方について - 人力検索はてな

タグ:vcs
posted by 天井冴太 at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(2) | Question | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2010年12月09日

BOOST_PP_SEQ_FOR_EACHは、第1引数に指定したマクロの中でBOOST_PP_SEQ_FOR_EACHが使えない?

#include <iostream>
using namespace std;
 
#include <boost/preprocessor.hpp>
 
#define M2(r, data, elem) elem
#define M1(r, data, elem) BOOST_PP_SEQ_FOR_EACH(M2, data, elem)
 
int main()
{
        // M1のBOOST_PP_SEQ_FOR_EACHが解釈されない
        cout << BOOST_PP_STRINGIZE(BOOST_PP_SEQ_FOR_EACH(M1, data, ((1)(2)(3))((4)(5)(6)))) << endl;
 
        // M1を直接呼ぶと、〜SEQ_FOR_EACHは解釈されている
        cout << BOOST_PP_STRINGIZE(M1(_, data, (10)(11)(12))) << endl;
        
        // BOOST_PP_SEQ_FOR_EACHで呼び出したマクロ中で、BOOST_PP_SEQ_FOR_EACHは使えないのか?
}

とすると、

BOOST_PP_SEQ_FOR_EACH(M2, data, (1)(2)(3)) BOOST_PP_SEQ_FOR_EACH(M2, data, (4)(5)(6))
10 11 12

これこの通り

上のコードはテストの為に単純化してて、これくらいならBOOST_PP_SEQ_FOR_EACH_PRODUCT使えばいけるんじゃないかなぁと思うけど、
内側のsequencesの特定の要素だけ別の処理を行いたい、といった場合は駄目だろうし。

うーん…………何でだろう?

posted by 天井冴太 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Question | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2010年09月01日

nullptrに対する素朴な疑問

数日前Twitterでもtweetしたけど。

nullptrってなんぞ?って話は、まぁ、C++0x - nullptr - Faith and Brave - C++で遊ぼうあたり参照。

『ヌルポインタを表すキーワード』の必要性は分かる。でもそれのために、わざわざnullptrなんて新キーワードを作る必要性があったんだろうか。既に在るNULLをキーワードにするんじゃ駄目なんだろうか。

標準ライブラリ内で定義されている#defineマクロをキーワードに昇格(?)させるんじゃ駄目なのかなぁ。C言語ではただのtypedefだったwchar_tをC++ではキーワードにしたみたいに。

そりゃ、マクロっぽい名前でキモイ、という欠点はあるけど。

既存のソースコードとの衝突を忌避したとしても、標準ライブラリで用意されている物と同じ名前の物を定義しているプログラムなんて在るのかなぁ。仮に在ったとしても、『ヌルポインタ』以外の意味で定義しているプログラムとか存在するのか?

……という、素朴な疑問。
多分、何らかの理由が有っての事だろうけど、その理由が分からない。誰か知ってる人教えて。

タグ:C++ C++0x
posted by 天井冴太 at 03:14 | Comment(10) | TrackBack(0) | Question | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2009年04月10日

グローバルIPってどうやって取得すれば良いんだろう?

ちょっとメモ代わりに。

現在とあるプログラムを作っているが、グローバルIPアドレスをどうやって取得すべきか悩んでいる。

使っている言語はJavaなのだが、java.net.InetAddress.getLocalHost().getHostAddress().toString()だと、192.168.1.xxxといった感じのローカルのアドレスしか取得出来ない。

こことかここを見た感じでは、
外部サイトで出力→その結果を取得しアドレス部分以外(もしあれば)を除外する
という流れになるようだが、外部サイトが落ちる可能性を考えるとあまり使いたくない。自分だけが使うプログラムだというなら兎も角、配布を考えているものだしなぁ……

なんとか外部の力を借りずに取得する方法って無いモノかなぁ……

タグ:IP Network java
posted by 天井冴太 at 04:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Question | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2007年05月03日

祝日の処理メンドイ

会社でカレンダ的なものを作っている。んで、『休日は背景色を変える』という部分を実装しようとして困った。
どうやって祝日かどうかを判定しよう?

プログラムの中に祝日の情報を持たせるよりは、外部にデータとして切り分けた方がスマートだろうとは思うが。そうなるとハッピーマンデー制度が激しく邪魔なんだよなぁ。かといってプログラム中に判定処理持ち込んだら法改正された時とか面倒な事になるし。

とか考えながらwebをウロウロしていたら、ハッピーマンデー制度の奴はまだマシだった。

春分の日は、3月20日から3月21日ごろ。祝日法の上では「春分日」としている。その前年の2月1日に、国立天文台が作成する『暦象年表』という小冊子に基づいて閣議で決定され、官報で発表される。よって、2年後以降の春分の日の日付は確定していないことになるが、これまでに、天文計算によって求められた春分の日付以外の日が春分の日とされたことはない。なお、天文計算上2025年までは閏年とその翌年が3月20日になり、その他の年は3月21日となる。

wikipediaによると、春分の日はエラい人達が決定しているらしい。秋分の日も然り。

って、ちょ、えぇ!?どうしようもないじゃん。

もしも祝日の一覧がXMLだったらで『XMLで祝日情報を発信してよ政治家なエラい人!!』という主張をされているが、全く持って同意。いやもうXMLじゃなくてもいいや。YAMLでもJSONでもなんならCSVでも。有名な形式でパーサが簡単に見つけられそうなヤツか、パーサを簡単に実装出来るヤツならなんだって。

いや本当に何とかしてください。エラい人。

どうしようもない
一応簡易計算式はあるけど、必ずその通りになるとは限らないので……
posted by 天井冴太 at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Question | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2006年05月23日

WSHでMSXMLのSAXが使えない件

いや、タイトルのマンマの内容なんだけど。かなり悩んだのでメモ。

XMLを処理するプログラムを書く必要が出来た。Perlで書こうかとも思ったが、家のPCだけでなく、専門学校でも使える必要があったので、とりあえず、まず間違いなく現在動作しているWindows環境なら何処でも動くであろうWSHMSXMLをチョイス。

続きを読む
posted by 天井冴太 at 23:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | Question | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
2006年04月10日

デフォルトスタイルシートうざい

いや、もう、ホントに。何でこの世にデフォルトスタイルシートなんてものがあるんだろうとか思う。勿論CSSが指定されてないページだとか、under HTML 4.0なページの為なんだろうけど。

いっそCSS指定されている要素はデフォルトスタイルシート無視するようになればいいのに。もしくはそういうCSSプロパティ用意するとか。

各UA(ブラウザー)は、それぞれ微妙に違ったデフォルトスタイルシートを持っている為、この差異が原因で「こっちは揃っているけど、あっちのブラウザーでは、なんかずれてる」なんて事がよく起こります。

なので、まず最初にUAのデフォルトスタイルシートの各エレメントの見栄えを制作者のスタイルシートで再定義して上書きし、各UAの表示のデコボコを出来るだけ埋めてからCSSデザインし始めるというやり方が楽チンだ。

僕はいつも、「デコボコ埋め+自分好みの大まかなスタイル」を定義して纏めたdefault.cssを用意して、必ず最初にそれを読み込ませてからレイアウトなどを組み、デザインに合わせてdefault.cssの各エレメントのスタイルを調整しながら作っている。

次善の策として上に引用したデフォルトスタイルの差異をなるべく無くすCSSみたいな方法があるが……でもこれって正確にデフォルトのスタイルを殺すには全プロパティを指定しないといけないんじゃなかろうか。CSSのプロパティって何種類有るんだろう?正直数えようって気が起きない。

CSS を作成している際に、当然の如くブラウザによって描画結果に違いが出てくるわけで、ムキーとか言いながらその差異を埋めていく作業が一番面倒っちゃあ面倒。んで、ボックスモデルやその他ブラウザごとのバグ以外で、極力そう言った差異を少なくするためには、一番最初に全称セレクタを使ってブラウザのデフォルトスタイルを消してしまうのが手っ取り早い。

全称セレクタってのは意外と盲点だった。そうかそんなものが在ったね。

タグ:CSS
posted by 天井冴太 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Question | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する