2013年11月26日

MinGWとMinGW-w64は別の物……らしい

ある思いつきがあって、それが実現出来るのか確認する為に、 Win32 API を使ったコードを書いてる。

MinGWのgcc環境下で書いているのだが、Winternl.hが無いと怒られる。mingw32-w32apiパッケージを導入すればいいのかと思ったがそうでもない。

ググってみると、Rubinius開発者のIRCチャットログと思しき物がヒット。

00:08:29nattesrc/mutex.c:2:22: fatal error: winternl.h: No such file or directory
00:09:02nattestrange seems like the platform SDK is missing, thought that would come with VS Ultimate but I guess not
00:33:46brixenI think you're using mingw
00:33:51brixeninstead of mingw-w64
00:37:13natteoh crap
00:37:17natteyou are correct

どうも、MinGWとは別にMinGW-w64というプロジェクトがあって、そっちを使えばいいらしい。

個々のコンパイラ?Wolfram Mathematica 9 ドキュメント」曰く。

MinGW

CCompilerDriverパッケージはWindowsにおけるGCCのネイティブWindowsポートであるMinGW(http://www.mingw.org)について,Windowsプラットフォーム上でテストされている.このソースのMinGWは64ビットバイナリを生成しないことに注意されたい.この機能は汎用Cコンパイラのセクションに記載のMinGW-w64で提供される.

64ビットターゲット用MinGW

http://www.mingw.orgで入手できるコンパイラはWindowsの32ビットおよび64ビットの両方で動作するが,現時点では32ビットバイナリのみをコンパイルする.64ビットWolframライブラリを生成するためには,MinGW-w64(http://mingw-w64.sourceforge.netから入手可能)という別のプロジェクトを使う.

ううむ、MinGWとMinGW-w64が別物だという事は把握したが、何故、別になっているのか。MinGW-w64が(その名の通り)64ビット環境専用というのならば解るが、そういう訳でもないらしい。理由が分からんので若干モヤモヤする……

というか、導入するのが面倒くさいで御座る! MinGW関係のディレクトリにPATH通してるから、単純にインストールとPATH設定だけだと競合して変な事になるのが目に見えるてるで御座る!

タグ:gcc MinGW-w64 mingw
posted by 天井冴太 at 02:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tool | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

コメント欄右下をドラッグ&ドロップすると、コメント欄の拡大縮小が出来ます。
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381171118

この記事へのトラックバック