2012年07月19日

Yahoo! Pipesのtips的な何か

Pipesの用語がイマイチ分かってない。Moduleの名称や作成画面左下の説明文から推察して使ってる。

既存sourceに別のelementを足す

既存のsourceに、別のelementを足したい時。

Item BuilderとUnionを使うと別のelementになってしまう。[Yahoo!Pipesで既存sourceに別のelementを足す: Item BuilderとUnionでは、別のelementになってしまう]

正解はRenameとRegexを使う。先ずRenameで挿入先sourceの適当なelementをCopy Asし、次にその要素の中身をRegexで入れ替える。[Yahoo!Pipesで既存sourceに別のelementを足す: Renameでelementをコピー(Copy As)し、その値全体をRegexで書き換える(replace [^.*$] with [追加する値])と上手く行く

或るelement内のtextに別のtextを連結する

取得したURLに別のqueryを追加したい場合とか。

Regexを使う。適当なタグ(例図では"//TAG//")を決めて、それの追加、置換という順で処理。[Yahoo!Pipesで或るelement内のtextに別のtextを連結する: 連結位置にタグを追加(replace [^(.*)$] with [$1タグ文字列])し、そのタグを置換(replace [タグ文字列] with [連結したい文字列])するという手順をとる]


うーん、「痒い所に手が届く」ようなModuleが足りない。上に挙げた手もこうやってメモっとかないと1週間後には何故こうしてるのか忘れてそうだ。個人的にはelementの値をtextで取得する手段が欲しい。あとコメントを付ける手段。何かそれを実現するトリックとか在るんだろうか?

あと、Pipesって文字列で表現出来ないからテキストで書きにくいね

タグ:pipes
posted by 天井冴太 at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Hack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

コメント欄右下をドラッグ&ドロップすると、コメント欄の拡大縮小が出来ます。
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281951730

この記事へのトラックバック