2012年03月19日

C++のthrowは式だった

送出式

throw expression

送出式が実行されると例外を送出する。送出式はvoid型である。

以上、送出式 - 標準C++辞典 - livedoor Wiki(ウィキ)より。

えっ、送出って事は、これ式だったのか?

という事は……


#include <iostream>
using namespace std;

int main() {
	try {
		true ? throw 1 : throw 2;
	} catch(int i) {
		cout << "throw : " << i << endl;
	}
}

……というコードを書いて実行してみると……

throw : 1

本当だ……条件演算内にthrow書いても問題ない。

これは知らなかった。しかしどういう時に役に立つんだろうこれ?

タグ:C++
posted by 天井冴太 at 03:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Study | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

コメント欄右下をドラッグ&ドロップすると、コメント欄の拡大縮小が出来ます。
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック