2009年10月25日

ホスト名の用語についてちょっとまとめてみた。

どうにも憶えられないので簡単にまとめてみた。
ちょいちょいと調べた結果だから、微妙に間違い在るかも。もしあったら誰ぞフォローよろしく。

www .example .co .jp
ホスト名(広義)
ホスト名(狭義) ドメイン名
セカンドレベルドメイン トップレベルドメイン
属性型JPドメイン名
地域型JPドメイン名
国別コードトップレベルドメイン
ジェネリックトップレベルドメイン
スポンサー付きトップレベルドメイン
国際トップレベルドメイン
特殊用途トップレベルドメイン
トップレベルドメイン
国別コードトップレベルドメイン

country code Top Level Domain (ccTLD)

その名の通り、国毎に割り当てられたトップレベルドメイン。原則としてその国/地域に存在している個人/団体でないと取得出来ないが、広く開放する事で外貨獲得を狙う国もある(トンガ(.to)、ツバル(.tv)等)

ジェネリックトップレベルドメイン

generic Top Level Domain (gTLD)

国に縛られないトップレベルドメイン。ただし、それぞれに用途が定められている(商取引事業者(.com)、インフラ用(.net ただし現在は制限無し)等)。

スポンサー付きトップレベルドメイン

sponsored Top Level Domain (sTLD)

ごめんこれよく分からない。.comや.bizの、より用途を限定したTLD?

国際トップレベルドメイン

international Top Level Domain (iTLD)

国際的な政府機関用。国際連合本部(un.int)、ヨーロッパ連合(europa.eu.int; 現在はeuropa.euに移行済)、世界保健機関(who.int)等

特殊用途トップレベルドメイン

米国内機関(.gov(政府機関)、.mil(軍機関)、.edu(教育機関))或いは特殊用途用(.arpa(旧ARPANET逆引き用)、.example(例示用)、.localhost(その名の通りローカル。IPアドレス127.0.0.1)他)。

セカンドレベルドメイン

以下ccTLDが.jpのもの限定で。
他の国も似たようなもんだろうと思う。

属性型JPドメイン名

organizational type JP domain names

組織種別での分類。

営利法人(.co.jp)、多数者向けネットワークサービス(.ne.jp)、政府組織(.go.jp)、地方自治体(.lg.jp)等。

地域型JPドメイン名

geographical type JP domain names

地域(都道府県)での分類。

東京都(tokyo.jp)、福岡県(fukuoka.jp)等。

Top Level Domainの略である"TLD"と打とうとする毎にTDLとtypoしてしまう。そのたびに某拝金黒鼠が脳裏を過ぎってちょっとイラッとしたのはヒミツだ

タグ:Network WORD
posted by 天井冴太 at 02:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Networking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

コメント欄右下をドラッグ&ドロップすると、コメント欄の拡大縮小が出来ます。
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。