2005年12月03日

C++の設計と進化

ヒマを見つけては少しずつ読んでいた本、C++の設計と進化を読み終わった。94年にC++の産みの親であるBjarne Stroustrup氏自身が書いたThe Design and Evolution of C++の日本語訳である。

この本、他のプログラミング系書籍と異なり、文法や技術の紹介ではなく『何故C++はそういう言語仕様なのか』という、"How"では無く"what"について書かれている。今まで「何でこんな仕様なんだ?」と首を傾げていた仕様が「コレコレこういう理由だからだよ」と説明されていて、嗚呼成る程と手を叩きたくなる。……私はvtblまわりが良く理解できなかったが。(^^;

技術書ではないが、意外と自分の知らなかったテクニックなんかも載っていてかなり面白かった。Stroustrup氏が今回の翻訳の為にわざわざ書き下ろしたという章――これからのC++について書いてある――はC++使いとして非常に興味深かった。

タグ:C++
posted by 天井冴太 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
投票お願いします 人気blogランキング - 投票する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

コメント欄右下をドラッグ&ドロップすると、コメント欄の拡大縮小が出来ます。
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。