2010年05月18日

Userscripts.orgの利点って何?

簡単なGreasemonkeyスクリプトを書いた。

特に秘匿する理由もないし、ならば公開しちゃえと思った。

さて、何処に公開したら良いんだろう?
グリモンのスクリプトが沢山登録されているUserscripts.orgだろうか?
でもわざわざ新規にアカウント取るのもメンドクサイな。
公開するだけなら、githubでも、メインのblogでも良いし、そっちの方がムダに公開場所が分散しないし良いかなぁ。

……あれ?そもそもUserscripts.orgの利点って何だろう?

Userscripts.orgのトップページ見ても、特にこのサイトの特徴(長所)についての説明が無い。ような気がする。でもかなりの量のスクリプトが登録されているという事は、わざわざアカウント作る手間をかける利点が何か在る筈。さてそれは何なんだろう。ググってみたが、そこら辺の解説ページは見つけられなかった。誰か教えて!

github
その内アカウントを取る予定。
メインのblog
天井冴太的つれづれblog [天井の染み]の事。幾つか簡単な作品を公開している。このblogをホスティングしているSeesaa ブログは、どんな種類のファイルでもアップロード出来る。
posted by 天井冴太 at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Other | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

Seesaaブログでは、検索結果のページ、特定タグのページで記事コンテンツが表示されない

SeesaaブログのHTMLをカスタマイズしようといろいろ弄っているが、調べれば調べる程絶望感が押し寄せてくる。ある変数が特定の条件下で参照出来ないなんてざら。なんと中途半端な実装。BlogServerという名でASPとして他社に提供しているらしいけど、よくこんなキモい仕様のモノで金取ろうと出来るねホント。

愚痴はここまで。
それでは本題。といってもタイトルで全内容言い終わってるんだけど。

Seesaaブログで開設しているblog上でblog内検索を行うと、検索結果が一覧表示される。例えばこのblogを"プログラミング"で検索するとこう表示される。この時、検索結果一覧を表示するページである事を識別出来るように、page_name変数にはsearchという文字列がセットされる。
同様に、特定のタグが付いた記事や各種ファイルを一覧するページ(例えば"C++"タグならこう)も存在し、この場合はpage_nameにはtagがセットされる。

これら2つのページにおいて、記事コンテンツは強制的に非表示となる記事コンテンツとは、blog中で記事(例えばこの文章)が表示される部分の事である。個別記事のページであれば、1つの記事の全文とそれに付けられたコメントやtrackbackを、トップページやカテゴリ別の記事一覧ページ、特定年月の過去ログのページでは、条件に合う複数の記事の表示を担当する。

……道理で、検索結果一覧とタグ別のページのHTMLが、記事コンテンツではなく、大本のHTMLに書かれている訳だ。てっきりpage_nameの内容を見て条件分岐しているだけかと思っていた。

何故この様な仕様になったんだか……理解出来ない。

posted by 天井冴太 at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Study | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。